ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 乳児湿疹のこと > 乳児湿疹でなかなか炎症が引かないときは・・・

ゆたか店長のプロフィールはこちら

乳児湿疹でなかなか炎症が引かないときは・・・

2014.4.30 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 乳児湿疹のこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

家に帰ると、娘がトイレに行くのを怖がっていた。お父さん一緒にトイレいこ。
何がそんな怖いのかって聞いたら、便座に座った時の自分では見えない後ろが怖いんだって。

僕も小さい時そうだったなぁ・・・
なんて思いながら、みんなが寝静まった深夜にトイレに行ったとき、ふと娘の言葉を思い出して、自分の後ろがちょっと怖くなり、いつもより早くトイレを出ました。

あ~怖かった・・・恥ずかしっ

さてさて、
乳児湿疹は、お母さんの母乳の質がとっても大切ってことは、
以前のブログで何度かお伝えしました。
乳児湿疹の改善するキーポイントは腸内環境にあったのブログ

母乳の質をよくしていくには、日々の食事を気を付けながら
腸内環境を整える漢方茶(「晶三仙」と「五行草茶」のブレンドティー)を飲んでいきます。

晶三仙晶三仙の詳しい情報はこちら

五行草茶五行草茶の詳しい情報はこちら

そうやって治療を始めていきますが、
飲み始めると、乳児湿疹で一番厄介な場面がやって来ます。

それは何か??

痒みがありカサカサジュクジュクしているお肌は、良くなる過程で
さらにお肌の炎症がひどくなって体内の汚れを排泄することです。(好転反応ともいう)

いつもなんだかんだ皮膚に炎症があるとき(特に顔)は、
腸に残った汚れがゆっくりゆっくりお肌に染み出している感じ。
だけど、腸内環境が良くなると、腸に溜まった汚れが一気にお肌に跳ね返り炎症がひどくなることがあります。(個人差があります。お肌は良くなる過程で肌の変化が著しくなることが多い。)

この時は、皮膚の感染症を起こしやすくなっているので、
抗菌できるスプレーをたっぷり塗布するなどして予防することが大切です。
当店ではメビュウフレッシュを使います。

DSC_1360
詳しくはこちら

このような時も五行仙茶は、細く長く淡々と飲み続けることが大事なのですが、
肌炎症がなかなか引かないときは、

抗炎症作用に優れるこの漢方をよく処方します。
じゃじゃん♪
「金銀花製剤漢方」。

五涼華
詳しくはこちら
苦い生薬を5つ配合して解毒・抗炎症力を高めます。

肌炎症が落ち着くまでは、一日三回を目安に五行仙茶と合わせて飲んでいきます。

そうやって、ステロイドに頼らない丈夫なお肌作りを進めます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00