ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 尋常性乾癬のこと > 乾癬にはどんな種類があるの?

ゆたか店長のプロフィールはこちら

乾癬にはどんな種類があるの?

2014.7.5 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 尋常性乾癬のこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

乾癬は、症状により5つの種類に分けられます。
その中で多く見られるのは「尋常性乾癬」です。以下5つの種類の特徴を書いていきます。
(「乾癬とは?乾癬を知ろう」から抜粋)

1、尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

乾癬患者のほとんど(約90%)を占めます。
頭部、ひじ、ひざ、こすれやすい部分や刺激を受けやすい部分によく見られて全身に広がることもあります。爪にも症状がみられる方もいらっしゃいます。

 

2、滴状乾癬(てきじょうかんせん)

滴状乾癬

小さい水滴程度の大きさの赤みが、全身に発現します。鼻、のど、歯など体のどこかに最近の感染病巣(細菌などの感染をきっかけに症状の出現・増悪をきたす)が存在し、それが悪化するときに起こることがあります。調べると、上気道感染(特に扁桃腺炎)がきっかけとなることが多いと言われています。

3、乾癬性紅皮症(かんせんせいこうひしょう)

尋常性乾癬が全身に広がり、皮膚全体が潮紅した(一過性の発疹)状態になります。

4、膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん)

発熱、倦怠感を伴い、急激に全身の皮膚が潮紅し、膿疱が多発します。放置すると、全身衰弱などにより重篤化することがあります。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)膿疱性乾癬は共通する特徴があり、欧米では、掌蹠膿疱症は「局在型」膿疱性乾癬に分類されることがあります。

5、関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん)

関節症性乾癬

皮膚の症状に加えてリウマチのように関節がはれたり、痛んだりする症状が出現します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00