ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > 尋常性乾癬のこと > 乾癬と高脂血症の関係性について

ゆたか店長のプロフィールはこちら

乾癬と高脂血症の関係性について

2014.7.31 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, 尋常性乾癬のこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

漢方では、「皮膚は内臓の鏡」という言葉があるように、
皮膚の乱れは、内臓特に腸との関係を考えていきます。

汚れた腸は、汚れた血液を作り出し・・・
皮膚が炎症を持つ。(=乾癬)

高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が増加した状態です。血液がサラサラ流れているのではなく、粘ってドロドロ流れているイメージです。

そのほかにも、糖尿病・高尿酸血症・高血圧なども血液の汚れている状態です。

漢方ではこのような状態を、「血熱」(けつねつ)、「湿熱」(しつねつ)ととらえていきます。
血熱は、血が熱をもっていて血が汚れ粘っている状態。
湿熱は、内臓に粘っとした痰がはびこり、粗熱が内臓にこもっている状態です。

 

こういことから、乾癬でお悩みで高脂血症をお持ちだと、血液のお掃除が重要なポイントとなります。

普段の食事では、
バター、チーズ、肉食などの動物性のタンパク・脂肪を減らし、
味付けも、辛すぎず、味を薄めという方向にもっていくことが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00