ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき > 先日の講演の内容

ゆたか店長のプロフィールはこちら

先日の講演の内容

2017.3.8 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき | comment:0

この前聴いてきた講演の内容。

これから季節が変わり春になります。
春はすべてのスタート。始動の季節。

この始動の季節を支配しているのは肝臓と胆のうの経絡なんです。(略して「肝」)
肝は自律神経系を調節するとともに、血液がスムーズに流れるように絶えず浄化しています。肝の働きが鈍ると、浄化できなくなり老廃物が溜まり体はストレス状態に。

そうなるとスムーズな動きができなくなり、一日の始まる朝方に食べたものがスムーズに下っていかなかったり、歯を磨くとうぇ~っとえずく、保留癖、執着心が強くなるなどの傾向が・・・。

でもなんで春先に?
それは冬場に溜め込んだ皮下脂肪が春先の温度上昇で一気に溶け出し、血液が汚れて
それを解毒するために肝はフル稼働状態となり肝が疲れてくるからです。自律神経も乱れ、肝はもうヘトヘト

春に肝の疲れをためないため、
春の野菜、発芽するもの、漬物、酢の物、かんきつ類、麦類などを積極的に摂りましょう。

最後に、日本人が365日食べても飽きない食事(食性)に気を付けて
ごはん、みそ汁、漬物を中心に摂ってくださいと締めくくられました

もっともっといっぱい聞いてきたんですが、
人の話をまとめて書くのってなかなか難しい・・・

馬ってなんで牧草しか食べないのに
あんな馬力がでるのか?

それは腸内細菌がアミノ酸を合成し
肉をとらないでも強靭な肉体作り上げていくのだとか。

岡部賢二先生の話は歯切れがよくとっても楽しかったです。
またどこかで聞ける機会があれば絶対聞いてみたいですね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00