ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > 乳幼児の脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)について

ゆたか店長のプロフィールはこちら

乳幼児の脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)について

2014.7.14 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと, 乳児湿疹のこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょう荒木豊です。

赤ちゃんの体や顔にできる湿疹は総称して「乳児湿疹」と言います。
その中でも、皮脂分泌の多い頭や額にべっとりした厚いかさぶたや
顔ではおでこ・マユゲ・ほっぺに黄白色のかさぶた
など顔を中心に炎症・ブツブツが出た湿疹を「脂漏性皮膚炎」(しろうせいひふえん)と言います。

およそ、生後4か月~6ヵ月経てば自然に治ってくることが多いです。
この湿疹が1歳を過ぎてもなかなか良くならないとき、アトピー性皮膚炎の可能性を考えていきます。

私の子は、乳児湿疹?脂漏性皮膚炎?アトピー?

いずれの症状も、僕が以前のブログでご紹介している「五行仙茶」を中心にして、
皮膚の炎症や、痒み、余分な脂分を体外に排泄(デトックス)していきます。

生後間もなく、まだ赤ちゃんが母乳しか飲めないとき、お母さんがこのお茶を飲んで、
母乳から赤ちゃんへ与えます。

母乳は血液の一部なので、ママは普段の食事をなるべく和食中心にして脂肪分を減らす食養生をして下さいネ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00