ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > タバコとアトピー&乾癬の関係について

ゆたか店長のプロフィールはこちら

タバコとアトピー&乾癬の関係について

2014.8.24 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと, 尋常性乾癬のこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

最近では、ずいぶん分煙することが当たり前になってきた「タバコ」。

アトピーや乾癬などの皮膚病でお悩みの方が、タバコを吸うと
お肌にかなり負担をかけてしまいます。

そんなことは重々承知だよ!って思われた方
復習の意味でも、このブログにお付き合いください。

タバコを吸うことでのお肌の影響

1、体内で大量に活性酸素が発生し、お肌が酸化する。
2、たばこの煙には4000種類もの化学物質が含まれ
(ニコチン・カドミウム・ヒッ素など)、
皮膚炎の悪化因子になる。

3、皮膚の健康を維持するビタミンが不足する(特にビオチン※)
※=糖、タンパク質、脂質の代謝に関与し、不足すると肌荒れの原因に
4、タバコの煙にあびるだけでも、経皮吸収され、肌が酸化する。

などが代表的です。
よくタバコは、「百害あって一利なし」と言われますが
上記の4点を見るだけでも良くないんです。

だけど、ニコチンには依存性があって、吸う習慣になっていると急に止めることは難しいと思います。
ただ、タバコを一日1箱とか2箱吸いながら、皮膚病治療がなかなか先に進まないのも事実です。

その一本が、耐えられない皮膚の痒みを発生させている。
その一本を止めることで、お肌が瑞々しく若々しいお肌になる。

そんなイメージで、一日一本でも少ない習慣を作って
アトピーや乾癬などの皮膚の痒みから解放されませんか?
治療を一緒に進めていきませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00