ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > カルシウム不足とアトピーの関係性

ゆたか店長のプロフィールはこちら

カルシウム不足とアトピーの関係性

2015.6.24 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

カルシウムは、細胞と細胞の情報伝達、神経伝達に不可欠な栄養素で、脳を働かせ、筋肉を動かし、免疫細胞が行動するときに欠かせない働きをしています。

アトピーの方は、カルシウムが不足し
細胞と細胞の情報伝達がうまくいかなくなるので、反応しなくていい人体に害のない物質(例えば、花粉)に反応しちゃうようになるんです。
すると、体の免疫反応が過剰に起きて、痒みが発生してしまいます。

また、カルシウムは肌の保水成分で、水分を引き寄せ、潤いが保てる優れもの。

カルシウムは、もともと吸収しにくいミネラルと言われており、
普段の食事から効率よく摂るには、お酢と一緒に摂ることがおススメ(シシャモにレモンかけるみたいな)。

さらに、
カルシウム=牛乳のイメージがありますが、
牛乳は乳脂肪が多く、牛乳の白さを作るカゼインタンパク質が日本人の腸には合っていないので、積極的な服用をおススメしていません。
また、日本人の食文化(和食)は、小魚や野菜をとる機会が多く、主食はお米。
お米(炭水化物)を一緒に食べることでカルシウムの吸収がより早くなり補充されます。
また、加工食品やレトルト食品は「リン」が多く含まれ、
排泄されるときにカルシウムを奪っていくので、潤いを持ったお肌が生み出されにくいです。

これからは、本格的な夏を迎え、体の消耗合戦です。
効率よくカルシウムを補給して、暑い夏を乗り切りましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00