ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > その不調に漢方的対策法 > 甘いものを食べると皮膚温度が上がり・・・

ゆたか店長のプロフィールはこちら

甘いものを食べると皮膚温度が上がり・・・

2019.9.6 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, その不調に漢方的対策法, ゆたかのおもしろ日常・気づき・つぶやき, アトピーなどの皮膚トラブルのこと, 乳児湿疹のこと, 尋常性乾癬のこと | comment:0

駅前漢方ごじょう荒木豊です。

今日も暑かった。9月なのにまだ梅雨みたいな蒸し暑さだ。

こんな暑い日は、冷たいアイスクリーム
ゼリー、プリンおいしいですよね。

アトピーなどの皮膚トラブルに
「甘いもの食べたら痒くなるからダメ!」ってよく聞く話じゃないですか。
以前に書いたブログ「ど~しても食べたい甘いもの。皮膚病の負担に。」
よかったら読んでね

アイスクリームやゼリーやプリンなど甘いものを過食すると
体はいったん冷えておいしい~けど、
この甘みは、想像以上に高カロリーでお砂糖もたっぷり入っているんです。
これらは皮膚の温度が上げ、皮膚にずっと温かいシャワーが当たっているような感じになります
さらに栄養もあまり摂れず、腸内環境も乱れてきます。

痒い所に温かいものが当たったら・・・
そう。
メチャクチャ痒くなるんです。掻きむしって血が出ようがジュクジュクしようが
お構いなし、永遠と掻けます。
そして一度上がった皮膚温度はなかなか下がらないので、便を整えて体内にこもった熱を抜かなければなりません。

アトピーや乾癬など皮膚トラブルでお悩みの方へ

アイスクリームやゼリーやプリンなど甘いものを食べるときは覚悟が必要です。
逆に言えば、これらを断つことができれば、
辛い辛いあの痒みから脱却できるかもしれませんよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00