ゆたか劇場

一乗寺薬局グループ > 脱力系ブログ~ゆたか劇場~ > アトピーなどの皮膚トラブルのこと > 知っていましたか?乾燥肌の原因。

ゆたか店長のプロフィールはこちら

知っていましたか?乾燥肌の原因。

2012.11.13 | 脱力系ブログ~ゆたか劇場~, アトピーなどの皮膚トラブルのこと | comment:0

こんにちは。駅前漢方ごじょうゆたか店長こと荒木豊です。荒木豊
皮膚病相談を主に担当しています。

 

乾燥肌とは?
いつの間にか、乾燥肌に!
その秘密は、肌の一番上にある「角質層」という厚さわずか0.02mmの部分にあります。
角質層は、本来肌の内側の水分が外に逃げないようにする役目が保たれています。
角質層自体に保水成分があり、それによって肌の潤いが保たれています。
角質層には、「天然保湿因子(NMF)」「細胞間脂質」「皮脂」という3つの潤いが備わっています。この3つの成分は天然のクリームのような働きをしているため、これらがたっぷり満たされていれば、プリプリのモチモチ肌になるのです。
でも、、何らかのトラブルや年齢とともに皮脂や水分の量が少なくなり、乾いた空気や紫外線などによって肌が乾燥した状態が続くと、うるおい成分の力も弱マリ、肌の水分が蒸発しやすくなるのです。

乾燥肌のトラブル
○乾燥肌が引き起こす様々なトラブル

角質層は、外的刺激から肌内部を保護する役目もあります。
しかし、乾燥してカサカサになった角質層は荒れてめくれあがってしまいます。
そのままにしておくと、角質層を作る角質細胞は水分を失ってさらにかさつきます。
バリア機能が低下して肌の外側からは様々な刺激や紫外線、アレルギーを起こすアレルゲンなどが、どんどん侵入してきます。それがいっそう乾燥を進めて、さらなる肌トラブルを引き起こすという、まさに『乾燥スパイラル』を引き起こしてしまいます。

○肌をくもらせる水分不足

様々な肌トラブルを引き起こすのはもちろん、乾燥した肌、その輝きを失ってしまいます。
角質層が厚くなってごわついた肌になってしまいます。白く輝く肌のためには、角質層がうるおって輝いていなければなりません。

お肌の潤い
肌の保湿といえば、コラーゲンやヒアルロン酸!というのが、まず頭に浮かびます。
「コラーゲンやヒアルロン酸が入った化粧品を使えばいいや」と簡単に考えていても、お肌はうるおっていかないんです。
というのも、特にコラーゲンやヒアルロン酸はもともと分子量が大きく、肌から浸透させるのは非常に困難な物質なんです。
「真皮層の7割はコラーゲンでできているわけだから、肌の張りを取り戻すためにも、肌から浸透させてあげなきゃ。」なんて思っても、真皮層までは届かないんです。残念ながら・・・(T0T)というのも、人間というのは、いくつかの層が重なり合ってできているものです。
肌の奥の真皮層に行き着く前に、角質層という層を通り抜けなくてはなりません。
角質層は、バリア層と呼ばれるそうで、私たちの身体に、悪いものが入ってこないように守ってくれている層なんです。
だから、大事なコラーゲンといえど、角質層を越えて、真皮層まで届くというのは、
角質層がきちんと機能していないということだから、逆に言うととっても危険な事なことなんですよ。

「化粧品って意味ないじゃん!」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、すごく肌に浸透してくれる成分もあるんですよ。
浸透といっても、届くのはバリア層といわれる角質層までです。その成分が「セラミド」と呼ばれる成分。セラミドは、もともと肌の角質層の細胞間脂質の4割~6割を占めている成分。このセラミドは不溶性の成分だから、肌の奥の水分が逃げないようにと、肌をしっかり守ってくれているのです。けれど、この角質層が乱れると、肌の奥の水分が蒸発しやすくなって乾燥肌になったり、乾燥肌からシワやくすみなどの悩みを引き起こしたり、ごわごわとした触り心地の肌になってきてしまうんです。・・・つまり、美肌を手に入れるためには、まずは、肌の水分を逃がさずにしっかり守って、すべすべの触り心地にしてくれるような、角質層づくりが大切なんです。

化粧水などで水分をしっかり与えてあげても、サプリメントなどでコラーゲンやヒアルロン酸をとっても、角質層が乾燥していたら、せっかくの潤いが逃げて行ってしまいますよ!

セラミドの種類
天然(動物・植物)、活性型(合成)セラミド、合成類似セラミド・セラミド美容液を選ぶ際に、是非気を付けていただきたい点があります。
それは、天然(動物・植物)、活性型、合成類似セラミドと種類が多く訳が分からなくなります。
よく、セラミドは「セラミド1・セラミド2・セラミド3」が入っているのが大事だとか、「セラミド6」がよいとか言われていますよね。これらの番号が付いたセラミドは活性型なのです。
やはり、皮膚の乾燥、紫外線からお肌を守る効果、そして安全性においても同ブルひょうひょうとやはり、皮膚の乾燥、紫外線からお肌を守る効果、そして安全性においても同ブルひょやはり、皮膚の乾燥、紫外線からお肌を守る効果、そして安全性においても動物性の天然セラミド(セレプシド/ウマスフィンゴ脂質)には勝てません。ちなみに、天然植物由来のフィトスフィンゴ脂質もありますが、人のセラミドにより近いのは動物性のセラミドですので、より肌になじみやすく保湿力があるのは(セレプシド)です。

一般の化粧品で含有されているのは、ほとんどが活性型セラミド、もしくは類似型セラミドのみとなっていますので真のセラミドの効果を味わいたい方は、一乗寺薬局グループまでどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・ご予約はこちら

メールでのお問い合わせ・ご予約

お電話でのお問い合わせ・ご予約(0120-257-805)受付時間 10:00-19:00